Category Archives: よ~く聞こえたら楽しいね!

集音器(イヤリス)を使ってみました

earlis20140831補聴器もなかなか自分に合うものが見つからない、
ということで、また新しい補聴器を買おうかどうか母が迷っていたので
試しに、イヤリス、という集音器を使ってみることにしました。

いつも新しいものを持っていくと、いろいろと難癖をつけられるのですが
今回も御多分に漏れず、
聞こえているような気はするけど、ねぇ、とか
台所で洗い物をしていると爆発して聞こえる!とか

ところが、母の耳に合うように調整をしてあげて
2日後に実家に行くと、なんとしっかり首からぶら下げて使っているんです。

相変わらず
ぶらぶら首からぶら下げるとなんか変な感じよねぇ、とか言いながら。

いつの間にか、台所で仕事をしていても『爆発』しなくなったらしく
いい感じに使えています。

一番はTV。

テレビの音を手元で大きくしてくれる機械を購入して使っていたんですが
こっちの方がいい!
ということで、普通のボリュームでテレビを見ていました。

 

 

母にはよかった点

1. ボリュームの調整ができること。
ダイヤル式のボリュームのところで最大にすると、私が試してみると、めちゃくちゃ大きく感じるんですが、母の場合、それではだめっだったようです。
でも、電池を入れる部分に音量増幅スイッチがついていて、そこで音量を大きくできます。
この部分を上にしておくことによって、母の場合には、10まであるダイヤル式の音量調整部分を3くらいで使っています。
syuonki

2. イヤピースの大きさが選べたこと
イヤホンの耳の部分のイヤピースが3種類の大きさのものがついていて、自分の耳の大きさにあったものを使えたこと。
最初、入りづらい!と文句を言っていたので、一番小さいものに変更してあげたらすんなり文句を言わなくなりました!(笑)

首にかけてぶらぶらさせるのがいやみたいで、胸ポケットのない母の場合、首から下げてズボンのポケットに無理やり入れているので、音量つまみが動いちゃう、そうです。
これは、なんかいい使い方、考えてあげられればな、って思ってます。

 

 

以上、片耳で何十万もする補聴器は、の~んびり探しましょう、というお話になりました。
1万円台で購入できたので、補聴器と比べると、安い買い物でした!

アマゾンで購入できます >>>

2014年8月27日

たくさんおしゃべりしてほしい ハウリングのしない集音器 EARLIS

両親とも、補聴器を使用しています。

母は、10年くらい前に突発性難聴になってから、聞こえなくなりました。
最初は全く聞こえなかったのですが、少しずつ回復して、補聴器をすれば何とか会話ができています。

父は、特に病気ではなく、老人性のもののようで、検査をした病院にできるの業者に作ってもらった補聴器を母より前から使っています。

そして両親ともなかなかいい補聴器には出会えないようです。

 

先日、年配の患者さんの多い、内科のお医者さんからもお聞きしたのですが
多くの方が、補聴器がなかなか自分に合ったものがなくて、苦労していらっしゃるようです。

片耳数十万円もする補聴器を、両親とも2回も購入していますが
そういった方が多いのだとか。

 

片耳数十万円もする補聴器より、数万円の集音器のほうがいいなんてことはないんでしょうが

買い物に行った東急ハンズで集音器の見本が置いてあったので使ってみました。

ELPA 朝日電器株式会社の『EARLIS』という集音器です。

耳の状態によって聞こえ方が違うと思うので、父や母にいいかどうかわかりませんが、私も少し聞きづらい感じがあるので、自分用にもなるかな、と思って買ってみることにしました。

 

耳元にマイクのある一体型と、ボックスにマイクが付く形になる分離型の2種類を使い分けることができます。

一体型で聞いた感じでは、自然な音が大きくなっただけ、という感じで、特に雑音などは気になりませんでした。

単四の乾電池2本で使えるので、充電し忘れて使えない~、と毎回いろいろな機器で苦労している両親には便利だと思います。

 

使った感想はこちらの記事で

アマゾンで購入できます >>>

2014年8月21日

耳がちょっと遠くなってしまって大好きなテレビを見なくなってしまった おじいちゃんおばあちゃんに

耳が遠くなってくると、テレビの音量が大きくなりますよね。それでも聞き取りにくくなるようで、だんだんテレビを見なくなるんです。

テレビぐらい見なくていいか、と思いきや、大好きだったテレビを見ないということは、外の世界との関わりが減るんですね。

関わりが減ると、家にこもってしまう。自分の世界に入ってしまう。これは若い人でも一緒ですよね。

悪循環です。

 

そこでエムケー電子 みみもとくんμ CS-55Pという機器を使っています。
もう、使い始めて8か月くらいになるでしょうか。
新製品なども出ているかもしれませんね。

必ず新しいものには文句を言う母も、今では見たいTVがある時に、ちゃんと自分でイヤホンをつないでテレビをしっかり見ています。

あ、これ、テレビから離れたところにスピーカーを置くことで、聞きやすくするものなんですが、それでも聞きづらいことがあるみたいで、イヤホンだと、他の音が入ってこないからか、もっとよく聞こえるみたいですよ。

 

実際には、テレビからの音を無線で受信機で受けて、自分の近くで聞くことができるようになっているものです。

TVから無線機にケーブルをつなぎ、無線機からの電波を受信機で受けて、受信機から音が出るようになっています。

TVの音量とは別に受信機の音量を設定できるので、TVの音量は今まで通り、私たちと一緒にテレビを見ることができます。

イヤホンをつけることもできるので、イヤホンで聞くこともできます。イヤホンというのはかなり集中して音が耳に入ってくるようで、とても聴きやすいようですよ。

 

 

実家ではCATVでセットボックスを使っているので、その後ろの出力端子に送信機を接続します。
下の画像では、左側の写真の右側の赤と白のケーブルが、左側の写真のテレビの前の丸い送信機につながっています。丸い送信機からは、このケーブルと電源コードが出ています。私でも簡単に接続できました。
tvsetuzoku  tvsoushin

 

 

受信機はこちら。持ち運びも自由にできるし、イヤホンで聞くこともできます。
IMG_0971-2

 

ただ、あまり音がよくないことと、受信機に電源コードがついていなくて、バッテリーに充電するのですが、充電中には使うことができないんです。

テレビを見ているときに充電が切れてしまうと、雑音などが入るようになってしまって聞き取りにくいです。

もうちょっと音がクリアなのがあるといいですね。

 

でも、一時期、テレビを見るのをやめてしまっていたのが、復活してほっとしています!

 

エムケー電子 みみもとくんμ CS-55P の購入はこちら >>>
みみもとくんはこちら >>>
テレビの音量を手元で聞けるそのほかの機器はこちら >>>

テレビの音が大きすぎてうるさい!
という前に、こういった機器を探してみてあげてくださいね。

2014年6月1日

テレビを楽しもう

歳とともに耳が遠くなる。
最初は実家に帰るたびに音量が大きくなっていったが
そのうち、テレビを見なくなる。。。

近くで聞けば聞こえやすくなるのか、どうすれば聞きやすくなるのか全く分からなかった。
そこで、「エムケー電子 みみもとくんμ CS-55P」を買ってみた。

IMG_0971-2.png

テレビ側に無線用の送信機を取り付ける。
そしてテーブルの上に置いた受信機をONにすると・・・・。
TVの音がすぐ近くで大きく流れ出す。

しばらくはこれで聞いていたが、だんだんこの受信機の音量が大きくなる。
余り音質が良くない。

一緒に食卓を囲むと頭がガンガンするようになってきた・・・。

考えに考えた結果、100均でイヤホンを購入。
この受信機の良いところは、TVのボリュームとは関係なく機能するところだ。
よって高音量で聞きたい人はイヤホンで、ふつうの人はTVからの音源で聞くことができる。

そして、父と母用のイヤホンを設置するために、今度は100均でイヤホンの延長コードと2人で聞こえるようにHUBを購入。

IMG_0973-2.png

ということでこんな状態になったけれど、TVも見ずにだんだん楽しみが少なくなりそうだったのが解決できた。

受信機は充電式で、充電中は使えないのが玉にきず!改良してほしいな。
 
Amazonで価格を見る

2013年10月9日