Monthly Archives: 8月 2014

集音器(イヤリス)を使ってみました

earlis20140831補聴器もなかなか自分に合うものが見つからない、
ということで、また新しい補聴器を買おうかどうか母が迷っていたので
試しに、イヤリス、という集音器を使ってみることにしました。

いつも新しいものを持っていくと、いろいろと難癖をつけられるのですが
今回も御多分に漏れず、
聞こえているような気はするけど、ねぇ、とか
台所で洗い物をしていると爆発して聞こえる!とか

ところが、母の耳に合うように調整をしてあげて
2日後に実家に行くと、なんとしっかり首からぶら下げて使っているんです。

相変わらず
ぶらぶら首からぶら下げるとなんか変な感じよねぇ、とか言いながら。

いつの間にか、台所で仕事をしていても『爆発』しなくなったらしく
いい感じに使えています。

一番はTV。

テレビの音を手元で大きくしてくれる機械を購入して使っていたんですが
こっちの方がいい!
ということで、普通のボリュームでテレビを見ていました。

 

 

母にはよかった点

1. ボリュームの調整ができること。
ダイヤル式のボリュームのところで最大にすると、私が試してみると、めちゃくちゃ大きく感じるんですが、母の場合、それではだめっだったようです。
でも、電池を入れる部分に音量増幅スイッチがついていて、そこで音量を大きくできます。
この部分を上にしておくことによって、母の場合には、10まであるダイヤル式の音量調整部分を3くらいで使っています。
syuonki

2. イヤピースの大きさが選べたこと
イヤホンの耳の部分のイヤピースが3種類の大きさのものがついていて、自分の耳の大きさにあったものを使えたこと。
最初、入りづらい!と文句を言っていたので、一番小さいものに変更してあげたらすんなり文句を言わなくなりました!(笑)

首にかけてぶらぶらさせるのがいやみたいで、胸ポケットのない母の場合、首から下げてズボンのポケットに無理やり入れているので、音量つまみが動いちゃう、そうです。
これは、なんかいい使い方、考えてあげられればな、って思ってます。

 

 

以上、片耳で何十万もする補聴器は、の~んびり探しましょう、というお話になりました。
1万円台で購入できたので、補聴器と比べると、安い買い物でした!

アマゾンで購入できます >>>

2014年8月27日

敬老の日のプレゼントに、スマートビームで上映会!

おじいちゃん、おばあちゃんと、孫の家を行ったり来たり。

いつもはひ孫の写真を、スマホで撮った写真や動画でおじいちゃんおばあちゃんに見せていたんですが、
スマホでは画面が小さいんですよね。(当たり前ですが・・・)

テレビに映し出して・・・とか、いろいろと考えていたんですが、どうも面倒で、なかなかいいものが見つかりませんでした。

そんな時に、スマートビームというスマホ用のプロジェクターを見つけました。

とってもカラフルで、かわいらしいキューブ型は、1辺が5センチにもみたない、これまたかわいらしい大きさ。そして重さはたったの124g。

おじいちゃんにプレゼントしたらサイコロみたいに転がされてしまいそうな大きさですが(笑)

スマートビーム自体は、ぜひ自分用にほしい!
ということで、ずるをして、今年の敬老の日には、「上映会のプレゼント」にしようと考えています。
この大きさなら、ポケットに入れて持って行けちゃうので。

 

先日撮った幼稚園の夕涼み会も、きっと大喜びしてくれるはず。

スクリーンはなくても、壁や天井に映して上映会の始まり始まり。
さて、今年のプレゼントは気に入ってくれますことやら。

スマートフォンだけではなく、タブレットPC、ノートパソコンなどMHL/HDMI規格であるあらゆる機器に使用でき、
アプリ、映画、インターネット、ワンセグ、写真、動画はもちろんテレビ電話も投影可能だそうです。

2014年8月27日

敬老の日はプレゼントに名前を入れて!

お名前を入れてくれる商品がネットでも、たくさん売っているのですね。

先日、孫に名前入りの風呂敷をプレゼントしたら、親の方が名前入りで大喜びしてくれました。

世界に1つだけのプレゼントというのは、とてもうれしいものですよね。

ということで、今年の敬老の日には、名前入りのプレゼントにしてみてはどうかな、と思って調べてみました。
下記の商品は全部、名前を入れてくれます。

 

普段使いの湯呑やお箸に名前を入れて

 


京都 嘉峰窯(かほうがま)の清水焼の湯呑です。

 


桜のキラキラがきれいな夫婦橋です。

 

普段使いの文具や小物に名前を入れて

 


お気に入りの文具に加えてもらおう

 

 


高級イタリアレザー 眼鏡ケースに名前を入れて
名入れメガネケース 楽天ショップで>>>


着物和柄のラメ入りのおしゃれなルーペです。

 

 

お酒の大好きなおじいちゃんおばあちゃんには

実は、我が両親はおばあちゃんがお酒大好きなんですけど、ね。


ヒノキの香るビールグラス

 

名入れ ひのき ビールグラス はアマゾンで>>>

 

 


ラベルではなくビンに彫刻してくれます

 

 

 

ずっと元気でいてください!!

 


ゴムの木の廃材を利用した温かみのあるフットローラー
ふくらはぎは第二の心臓だそうですよ!大切にマッサージ!

 

 

 

 

2014年8月25日

たくさんおしゃべりしてほしい ハウリングのしない集音器 EARLIS

両親とも、補聴器を使用しています。

母は、10年くらい前に突発性難聴になってから、聞こえなくなりました。
最初は全く聞こえなかったのですが、少しずつ回復して、補聴器をすれば何とか会話ができています。

父は、特に病気ではなく、老人性のもののようで、検査をした病院にできるの業者に作ってもらった補聴器を母より前から使っています。

そして両親ともなかなかいい補聴器には出会えないようです。

 

先日、年配の患者さんの多い、内科のお医者さんからもお聞きしたのですが
多くの方が、補聴器がなかなか自分に合ったものがなくて、苦労していらっしゃるようです。

片耳数十万円もする補聴器を、両親とも2回も購入していますが
そういった方が多いのだとか。

 

片耳数十万円もする補聴器より、数万円の集音器のほうがいいなんてことはないんでしょうが

買い物に行った東急ハンズで集音器の見本が置いてあったので使ってみました。

ELPA 朝日電器株式会社の『EARLIS』という集音器です。

耳の状態によって聞こえ方が違うと思うので、父や母にいいかどうかわかりませんが、私も少し聞きづらい感じがあるので、自分用にもなるかな、と思って買ってみることにしました。

 

耳元にマイクのある一体型と、ボックスにマイクが付く形になる分離型の2種類を使い分けることができます。

一体型で聞いた感じでは、自然な音が大きくなっただけ、という感じで、特に雑音などは気になりませんでした。

単四の乾電池2本で使えるので、充電し忘れて使えない~、と毎回いろいろな機器で苦労している両親には便利だと思います。

 

使った感想はこちらの記事で

アマゾンで購入できます >>>

2014年8月21日

薬の整理箱 毎日の薬の管理は大変ですよね。

お薬をたくさんもらっている高齢者の方って、多いのでしょうか。

 

父は、整形外科、心臓、泌尿器科、眼科、内科・・・、とたくさんのお医者様にかかっていて、たくさんのお薬を飲んでいます。

母が何とかチェックをしてくれてはいるようですが、私には何が何やら。

おまけに、最近は整理がとても苦手になってきていて、本人もわけがわからなくなってきているようです。

 

そこで、お薬を整理して、1回ごとにこれだけ飲めばいい、というのがわかるようにするもので、何かいいものはないかなぁ、と探してみました。

 

カレンダーのように壁にかけて使う、こんなカレンダーのようなものもあるのですが、リビングに飾っておきたいものではないし、寝室にかけておくと、取りに行くのが大変だし。

 

父の場合、月曜日から日曜日までを、それぞれ朝、昼、夜、寝る前で入れられなければならないし、

1週間分だと、私が行って、入れ替えるにも忘れてしまうことを考えると2週間分くらいはほしいな。

ということで、箱型の「ライフ・エイド くすり整理 2週間ケース」というものにしてみました。

 

入れてみた感じは、こんな感じです

kusuribako1

 

上のふたを開けると今週のものが出てきて、上と下のトレイを入れ替えることで次の週に使えるようになります。

kusuribako2

 

あまりに薬の量が多いので、何とか入れているぞ、という感じです。それと目のちょっと不自由で、手先の不器用な父には、ちょっと取りづらいようです。

もっと大きな毎回個別の箱なら鳥いいのかもしれませんが、どれだけ大きくなるのだろう、と考えると、まぁ、これが使いやすいほうなのかもしれません。

 

毎度のことですが、購入して届いたときは「おれはこんなものは使わん」と、大変な騒ぎでしたが、1か月放置して、なんとなくお薬の整理の話をしたら使い始めました。

今では、しっかり使ってくれています。

薬の誤飲は怖いですものね。

2014年8月11日

ふくらはぎは第二の心臓 毎日マッサージしたいもの

ふくらはぎは第二の心臓ともいわれるほど体の中でもとても大切な場所なのだとか。

毎日マッサージしたいものですね。

リハビリの時は、リハビリの先生がマッサージしたり、ストレッチしたりしてくれているのですが、

ふくらはぎんのマッサージはちょこちょこ行いたいですし、やはり疲れる部分のようで、時々さすってあげるだけでも、気持ちがいいみたいです。

 

何かいいマッサージ機はないかと探していたのですが、Panasonicから9/1発売の レッグリフレ(EW-NA84)の記事を見つけて、結構よさそうだねと、母と話しています。

 

足のふくらはぎから下をすっぽりと覆って、足裏、足首、ふくらはぎをつかむように配置されたエアーバッグで脚全体を下から上へギューッとしぼり上げてくれるのだそうです。

昔は大きなマッサージチェアを使っていたのですが、その頃は足のマッサージ部分はあまりちゃんとしたものもなかったですし、何より場所をとってしまって。

色はローズピンクとシルバーの2色。

現在は予約販売の時期で、大体2万円台後半の値段です。

予約はAmazonサイトでできます。→→→

 

プレゼントにいいなぁとは思うんですが、ちょっと高いな、とも思うんですよ、ね。

そこで、同じPanasonicの商品で、ふくらはぎ部分だけのもの。

ふくらはぎだけですけど、足先に巻いて、足裏も加圧することができるのだそうです。

ブルーとビビッドピンクの2色で、1万円後半のお値段です。

詳細はAmazonサイトで→→→

 

どちらも、私自身が使いたいグッズです。

2014年8月11日

敬老の日のプレゼントに落語のDVDはいかが?

80代のおじいちゃん、おばあちゃん世代は、やっぱり喜ばれるものがいいですよね。

おばあちゃんには、お花でも、スイーツでも、今流行ってるものでも喜んでくれるんだけど

おじいちゃんって、(うちの場合は)ちょっと偏屈なんだよね。

 

でも、笑ってほしいですよね。笑顔でいてほしい。

ということで落語を考えてみました。

 

笑うのって、体にいいんだそうですよ。

 

80代の両親は、私がとっても面白いと思う古今亭志ん朝さんも、立川志の輔さんや立川談春さんも、スピードが速くてわからないっていうんです。

でもね、昔懐かしい、古今亭志ん生さんや、三遊亭圓生さんはわからないといわないんです。

喜んで聞いていました。

 

実は私も落語が大好きで、志ん生さんも圓生さんも志の輔さんも、談春さんも・・・。って大好きな人を上げたらきりがないけど。

おじいちゃんおばあちゃんは、きっと昔は私たちよりもたくさん落語を聴く機会があって、その楽しさを知っている人たちだと思いますよ。

ぜひ、昔の楽しさを、今の笑顔を取り戻してあげてください。

 

 

「五代目古今亭志ん生」没後40年 今年ならではの企画、十八番だけピックアップ 詳細はこちら >>>

 

圓生さん大好きの私にとって、圓生百席はのどから手が出るくらいにほしい逸品ですが、そうはいっても高いですよね。
おじいちゃんおばあちゃんには、そのうちの1つ2つをプレゼントされてはいかがでしょう。

三遊亭圓生氏の落語はこちらで購入できます。>>>

2014年8月3日

親の買い物を代行する 宅配サービスを使って買い物を便利に

歳をとってきたら趣味などの楽しみに時間を使って、生活のルーチンワークはできるだけ誰かに任せたいな、と思うのは私だけではないと思います。

おいしいものは食べたいし、買い物は面倒だし。
人参に大根、ドレッシングにお酒に飲料・・・。どう考えても運ぶのが大変。

おいしそうなものを選ぶための買い物は楽しいですが、いつも使う牛乳や野菜などの決まったものを買って持って帰るのは面倒ですよね。
頼んでしまってはどうでしょう。

毎週、毎日、必ず必要になるものは業者に任せてしまうのが一番便利です。
もちろん、必要な都度届けてくれるサービスもあるので、定期的に届けてくれるサービスと、必要な時に必要な分だけ届けてくれるサービスを組み合わせれば、鬼に金棒!
最強です!

 

そこで便利なのが、毎週必要なものを届けてくれる生協の宅配、パルシステム。

年配の方の中には、生協というと、グループで買って分けて・・・という井戸端会議状態の面倒なものというイメージを持っている方もいらっしゃるようですが、今は個人宅配が一般的です。

 

歳をとって、足腰も弱くなってきたら、日常の買い物は定期的に届けてくれる宅配サービスを使う。急に必要なものは、ネットショップやネットスーパーで届けてもらう。そしてちょっと贅沢なものでもネットでお取り寄せして購入。

そんな理想の便利生活を送れるように、歳をとった親のために子供がやってあげられることは、便利なサービスを教えてあげること、契約を一緒にしてあげること、そして買い物を手伝ってあげること。

 

我が家の場合ですが、生協の契約は実家に戻った時に親が見ているところで行いました。

毎週の買い物は、実家に帰った時にカタログを見ながら必要なものは勝手に注文してしまってます。
母がカタログを見て買いたいものがあった時には、カタログに丸を付けておいてもらって、実家に戻った時に注文。
急に必要になったものは、電話で連絡が来てその場で注文。

「注文」というのは、パソコンやスマホからネット経由でできるのでできるので、実家にいてもいなくてもできるのでこんなことができるんです。

歳をとった母にすれば、カタログを見るまではいいのですが、パソコンやスマホでの入力はもちろん無理ですし、商品コードを紙に書き込むことも面倒で嫌がっていました。

ネットで注文できることで、同居していなくてもお買い物の手伝いをしてあげられるので、とても助かっています。

 

まだまだ、ご両親のところに行くときにたくさんの買い物をしてから行く方も多いのではないでしょうか。

 

受け取り時に、配達の方とお話しするのも楽しみの一つのようですし、病院などの予約を入れてしまったときも保冷箱に入れておいてくれるので、もう一度届けてもらうような面倒さはありません。
 

一度資料請求されてみてはいかがでしょうか。
以下をクリックすると資料請求のページに飛ぶことができます。↓↓↓
生協 宅配

2014年8月1日