高齢者栄養相談 2回目

高齢者栄養相談という、市で行っている無料のサービスで、栄養士さんが自宅に来てお話をしてくれて1か月ほどたちました。

ご飯類、肉類、魚類、緑黄色野菜・・・というおおざっぱなくくりで分けた表に〇をつける宿題を提出し、思った以上にバランスはとれていたようで、次の段階です。
(私の料理なので、バランスはガタガタだと思ってました! ま、冷凍食品も多いし・・・)

 

ちなみに、二人とも体重が若干減っていました。

体重を減らさない、体力を維持する、エネルギーをとる、ということの話で、次なる宿題が、炭水化物とたんぱく質の量のチェックです。

 

といってもそれほど難しいものではなく、ご飯なら茶わん摺り切り1杯ぐらい、食パンなら6枚切り1枚以上を食べたら〇、お肉は自分の片手の指の部分くらいの量、お魚は自分の手のひらの指を除いたくらいの分量を食べたら〇、というような感じです。

手は、父と母では大きさが違うので、その人その人で食べてほしい分量が変わるのだそうです。
(これを考えた人はすごいです!難しくなく、大体の量を考えられます!!)

 

我が家の場合、ご飯の固さも問題でした。

以前、母があごが疲れる、あごが痛いと言い出し、ご飯がどんどん柔らかくなっていました。

おかゆまではいかないけれど、それに近い。

ちゃんと量を食べようとすれば、おかゆだと余分に食べなければならないし、水分でおなかがいっぱいになって食べられなくなる可能性がある、ということです。

母につき合わされた父は、いい迷惑だったわけです。

そういえば、母のあご問題は話題に出なくなっていたので、元に戻してみることにしました。

 

それと、野菜。

私は苦手なので、料理をするときに「野菜!野菜!」と必死に考えていました。

両親は野菜が好きで、おいしそうに食べるのでよけいに気になって。

でも野菜でカロリーを取ろうとすると、大変な量を取らなければならないので、「普通に食べているのだからちょっと減らして、その分ご飯やたんぱく質を取るようにしてみましょう」、ということになりました。

80キロカロリーを増やすには、ご飯ならこのくらい、お肉ならこのくらい、野菜なら・・・、とカロリー表を見ながらお話を聞かせてもらいました。

母などは、どこぞの番組で「食事は野菜から」という言葉が頭に入り込んでいて、「おなか一杯になる前にお肉やお魚を食べて、好きな野菜を後で食べましょう」というのが難しそうです。

 

とまぁ、痩せたい私と真逆にすればいいのね、という変な解釈をしながら話を聞き、来月もう一度来てくれた時には、もう少しふくよかになった父と母に会ってもらえるかな、と考えながら料理をしています!

敬老の日にちゃんちゃんこを送ってみました!

今年は母が90歳「卒寿の祝い」、父が88歳「米寿の祝い」、そして私が昨年60歳の「還暦」でした。

ということで、3人並んでちゃんちゃんこを着て写真を撮ってみたくなり、お祝いセットを購入して一緒に記念撮影です。

一度しか着ないちゃんちゃんこと頭巾なんか買って、と文句を言われるかと思ったら、なんかとっても喜んでくれました。

私は1つサバ読みましたが、3人一緒にお祝いの年になることなんてそうそうあるものではないので、これはこれでありかな、と。

この年になったら楽しければもう何でもありです!

 

ちゃんちゃんこを探していたら、長寿祝いのメモリアルべアまで見つけてしまいました。

 

 

ちゃんちゃんこメモリアルベアはAmazonで売っていました。