薬の誤飲に注意する・・・ための薬箱

お薬をたくさんもらっている高齢者の方って、多いのでしょうか。

 

父は、整形外科、心臓、泌尿器科、眼科、内科・・・、とたくさんのお医者様にかかっていて、たくさんのお薬を飲んでいます。

母が何とかチェックをしてくれていたのですが、娘が同居するとすっかり手放してしまいました。
やはり大変だったようです。

母もたくさんの薬を飲んでいて、それでも頑張って一人で管理しています。

 

年とともに、忘れることも多くなるようですが、整理(片づけること)がとても苦手になるようです。父も母も、探し物が増えてきたように思います。

 

そこで、お薬を整理して、1回ごとにこれだけ飲めばいい、というのがわかるようにするもので、何かいいものはないかなぁ、と探してみました。

 

カレンダーのように壁にかけて使うものもあるのですが、リビングに飾っておきたいものではないし、寝室にかけておくと、取りに行くのが大変ですし。

 

父の場合、月曜日から日曜日までを、それぞれ朝、昼、夜、寝る前にお薬を飲んでいますが、私も出来るだけ手抜きをしたい。

ということで、2週間分用意しておける箱型の「ライフ・エイド くすり整理 2週間ケース」というものにしてみました。

 

入れてみた感じは、こんな感じです

 

上のふたを開けると今週のものが出てきて、上と下のトレイを入れ替えることで次の週に使えるようになります。

 

あまりに薬の量が多いので、無理矢理押し込んでいる感じでもありますし、目がちょっと不自由で、手先がちょっと不器用な父には、取り出すのに手間取ることもあります。

 

もっと大きな毎回個別の箱ならいいのかもしれませんが、大きさを考えると、まぁ、これが使いやすいほうなのかもしれません。

 

毎度のことですが、購入して届いたときは「おれはこんなものは使わん」と、大変な騒ぎでしたが、1か月放置して、なんとなくお薬の整理の話をしたら使い始めました。

今では、しっかり使ってくれています。

薬の誤飲は怖いですものね。