救急車のサイレン、気になります!

消防署が近いせいか、救急車のサイレンの音が毎日のように響きます。

40年以上前に分譲地として一斉に売り出された土地で、働き盛りの同年代の人たちで構成された近隣の家々です。

なので、現在はほとんどが80代。子供たちと同居している人たちもありますが、救急車のサイレンの方角によって、あそこか?ここか?と心配になる家々です。

 

そして先日、救急車が家の前に止まりました。

何回か救急車のお世話になったこともあり、いつぽっくり行ってもおかしくない両親なので、近所の人たちが心配そうに顔を出します。

私もぼーっとした顔を出したものだから、

ん? ん? ん?

救急隊員まで  ん?

 

今回は、お隣の赤ちゃんがのどにチーズを詰まらせたとかで救急車を呼んだようです。

病院から帰ってきたときはすっかり元気になって、笑顔で挨拶をしに来てくれました。

 

とはいえ、救急車にちょっと過敏になっている私と

家の前に横付けされたにもかかわらず、全く気付いていなかった両親ののんびりさに

まぁ、ほっとした(ような)1日でした。