服を着るのって、とっても大変、らしい。。。

1年くらい前からだろうか、父の服の着方がおかしくなってきました。

背中でシャツがめくれて、下着のシャツが見えていたり、

ズボンが落ちて、パンツが見えていたり。

それを言うととても嫌な顔をされるので、出かけるときだけ引っぱたりあげたりするようにしています。

 

最近は若い男の子のズボンをずり下げて履いている姿を見ると、父と同じだぁ、と思うようになり、ついでに父のポケットの財布にじゃらじゃらとチェーンつけてあげようかしら、と。

これ、空想していると結構楽しい!

年老いても腰も曲がって、ズボンを下ろしてチェーンじゃらじゃら!

 

昨日、道を歩いているおじいちゃんが、父と同じような背中丸出しの格好で歩いていました。でも、背筋をしゃんと伸ばして、すっすと歩いています。

ちょっとひどいけれど、引っ張って直してあげるわけにも、シャツが変ですよ、と声をかけることもできずにそのまますれ違ってしまいました。

 

こっそり、そぉっと、シャツをひっぱたりズボンを上げたりする日々が続くのかなぁ。

でも、着れなくなるよりいいか!

 

面白い絵だけ、空想して楽しもうっと。