笑顔がいちばん

志の輔さんの落語のまくらでこんなのがありました。


おじいさん 「先生、右膝が痛くて痛くて・・・」
お医者さん 「お年のせいですねぇ」
おじいさん 「・・・」
おじいさん 「先生、そんなことないよ。左膝だって同い年だよ!


 

父は、かかりつけの先生にいつも「いっぱい笑ってね」と言われています。
こんな話があるんだけど、と話し始めたら、お医者さんのことで喧嘩をしたばかりの娘の話に、はじめはむっとして聞いていましたが、最後に薄笑いを浮かべていました。

どうやったら笑うんだろう・・・
毎回、色んな所からネタを仕入れて、芸人になれそうです・・・。

年をとったら、めちゃくちゃ派手な服を着て、全て笑い飛ばしているようになりたい
そんな風に、今は「まだ」思えています。
 
 

笑おう!!!